妻の浮気で慰謝料請求!平均金額や相場は?

MENU

妻(嫁)の浮気で離婚慰謝料請求!平均金額&相場は?

妻に裏切り行為を受けて、離婚する場合でもなぜか浮気の慰謝料請求をする男性は少ないような気がします。様々な番組の不倫にまつわる話で、決まって浮気されるのは女性の方でであるケースは本当に多いですね。しかし、嫁の浮気で慰謝料請求する場合の相場や大体の平均金額について知ると意外と取れるだ~!となる時もあるみたいですね。妻に不倫されれば精神的な苦痛を受けるのは当然ですよね?愛していればの話ですが!

 

そもそも、妻の浮気で慰謝料請求を嫁や不倫相手の男性に出来るのか?からスタートしている人も結構いるみたいですね。

 

実は実際に不貞行為されていても請求できる場合とそうでないケースがあるみたいですので、注意が必要になります。浮気が原因で精神的な苦痛を受けたとして離婚で慰謝料請求できる場合にはやはり不貞行為証拠が必要になります。確固たる証拠がないのに勝手に「嫁は不倫していた!」なんて言っても信じられませんからね。肉体関係が浮気相手の男性と妻の間であったのか?証明することが最低限において必要になると思われます。

 

相場価格や平均金額を徹底リサーチ!

 

浮気の慰謝料請求相場や平均金額についてはケースバイケースであると言われています。相手の年収・給料といった社会的地位によっても結構異なるみたいですね。例えば離婚する場合においても年収400万、1000万、1500万、3000万、5000万、1億円・・・一般的に年収が高いほど不倫の慰謝料相場が高くなる傾向があるみたいですね。さらに言えば妻の不貞行為で慰謝料は請求するけれど・・・

  1. 離婚はしない
  2. 別居はする
  3. 浮気が原因で離婚することになった

上記の3つの行動パターンによっても相場は異なるみたいですね。実際に不倫が理由で離婚することになった場合であれば200万~300万円が平均的な相場金額・値段になっているみたいですね。もちろん場合によっては100万円の時もあるでしょうし、2000万、6000万になる可能性もあるのではないでしょうか?精神的な苦痛による損害や不貞行為によって悪い影響があったのか?が結構重要になる場合が多いみたいですね。逆に別居もしないし、離婚もしない場合においてはそれほど大きな金額は取れない例が多いみたいですね。ポイントは妻と浮気相手の男性から受けた「精神的な損害」ですね。

 

例えばうつ病・不眠症等の精神疾患になった場合、浮気の回数・頻度・期間、妻の年収・社会的地位などについても要チェックですね。

 

不貞行為の証拠を確保するには?

 

嫁が言い逃れのできない決定的な浮気証拠を取るために自分で行動しよう!と考える人もいるみたいですが、基本的に顔がばれてるだけに失敗するリスクが高くなります。一度、尾行・張り込みをしていることがバレると警戒心は一層強まり、明らかに不倫しているはずなのに証拠を掴みにくくなる可能性があります。そこでおすすめなのが探偵事務所になります。基本的に浮気調査のプロフェッショナルで裁判で使える不倫証拠を写真などで残すなどいろいろと対策を考えてくれるので、まずは気軽に妻へ浮気の離婚慰謝料請求をしたい件について伝えて、浮気調査の相談をすることをおすすめします。