人探しの格安料金

MENU

人探しの探偵・興信所で格安料金ってどこ?

依頼するパターンが非常に複数の例に分かれるのが人探しの特徴ではあります。例えば・・・

 

  • 事件性・トラブル関係の失踪
  • 不倫等のキッカケから駆け落ち(蒸発)
  • 子供の家出
  • 夫婦喧嘩で家出

 

などなど本当にいろいろな種類があります。特に緊急性の高いのは一番最初に掲載している事件や何等かのトラブルに巻き込まれてしまったケースです。このような場合は前触れが無いことが多いので「なぜ突然消えたのか?」と疑問視する声も結構出やすいと思います。

 

まずは警察組織に依頼するのが王道なのですが、プラスαで知っておいて頂きたい存在が人探しの探偵事務所および興信所の存在です。彼らは居なくなった失踪者を調査して見つけるプロフェッショナルになりますので、場合によっては国家組織よりスピーディーに発見してくれるケースもありますので、頼りになります。

 

但し、注意が必要になるのは人探しは格安料金で興信所に依頼することは難しいということです。確かに日数や時間を極端に短縮することに成功すれば相場費用よりもぐーんと安い値段で解決することができる可能性はありますが、通常では100万円~300万円程度かかることもあるみたいです。万が一のトラブルを想定しても通常の収入の家庭では大きな決断をしないと支払うのは難しいはずです。

 

ただ、ココでは少しでも人探し探偵で低料金にするコツをまとめていますので、どうぞ参考にしてくださいませ。

 

人探しは複数社にて料金見積請求をするべき!

 

多くの方は緊急性の高いサービスほど冷静な判断を失って、普段通りに行動することが難しくなります。家電製品を購入する時は必ずと言っていいほど徹底的に値切るおっちゃんでもすぐに目に留まった1社で決めてしまうこともあるでしょう。

 

少しでも節約をしたいのであれば必ず何社かで見積を取るのが王道です。

 

注意が大切なのは口コミや体験談などです。

 

「A社は245,000円」

 

「B社は326,200円」

 

「C社は589,800円」

 

「D社は1,500,000円」

 

など掲載しているサイトがあるとして全てを鵜呑みにしてしまうのは危険です。上記の例だと一見するとA社が一番お得感があり、D社については高い印象があります。しかし、中身を見てみると・・・

 

Aのスペック

 

調査員:1名(素人同然のアルバイト)

 

期間:3日まで

 

全額返金制度:なし

 

実績:ほとんどない

 

D社のスペック

 

調査員:5名のチーム編成

 

期間:1カ月

 

全額返金制度:目的を達成できれば全額返金

 

実績:日本最大級の規模を誇る探偵事務所。これまでに年間解決実績1000件以上

 

などよく違いを比較してみると実はD社のように見積価格で高かった会社の方が信頼性に優れていて、さらに徹底的に調査してくれるかもしれません。実際にA社の例のように研修をシッカリ受けないで現場に社員を出している人探し探偵は結構ありますので、注意が必要になります。

 

知名度の低い興信所でも優秀なところはたくさんあるのですが、心配であれば大手を中心に選択するのもアリですね。

 

コストパフォーマンスで筆者おすすめの人探し探偵厳選3社で比較

 

まずは下記のランキング上位の優良探偵会社に電話・メール等で料金を比べるためにお問い合わせしてみてください。

 

状況を正確に伝えてある程度の見積を作成してもらいましょう。

 

 

 

特におすすめ興信所で構成しています。大手なら原一探偵事務所、実力派ならTS&ISMが良いと思います。まあ、違いなども知ってもらいたいので、3社とも詳細内容について聞いてみてください。