夫の朝帰りの浮気確率を検証!

MENU

夫の朝帰りの浮気確率は何パーセント?

仕事を理由に帰りが毎日のように遅くなるサラリーマンは多いのではないでしょうか?これは独身者も既婚者も同様ですね。

 

結婚しているから、家庭に妻が待っているから早く帰宅することができるような職場環境良好なカンパニーは現在の日本においてはそれほど多くは無いはずです。定時は17時とか18時とか言われていても実際には22時、さらには残業で23時に帰宅するような繁盛期もあって決して珍しくはありません。しかし、これだけは断言したいと思います。毎日朝帰りになるくらい忙しいビジネスマンはほぼほぼ居ないという事実です。それを信じるべきか?裏切り行為として疑うべきか?については賛否両論になってくる部分もあるので、何とも言えないのですが夫が深夜・朝帰りを頻繁に繰り返す場合、旦那は浮気している確率は高いと考えられます。具体的なパーセンテージ(%)を出すことは検証及び調べていないので分からないのですが、もしそれが本当なのであれば普通に過労死する可能性ありますし、さらに言えば寝る暇もない訳ですので好きな仕事だとしても精神的に病んでくる部分は出てきて当然です。たぶん筆者が毎日のように超ウルトラ残業や接待で帰りが遅くなるようであれば「うつ病」になる自身普通にありますからね。夫・旦那の朝帰りは不倫・浮気を疑うのがぶっちゃけ言えば妥当であると言えるでしょう。

 

しかし、ブラック企業なのか?本人が相当やる気を持って働いているのか?どっちなのか分からないのですが、本当に頑張って妻・嫁のために働いている可能性についても十分ありえますので、露骨に朝帰りで不貞行為について追及したり、スマートフォン・携帯のメールやラインをチェックするなどの行為については夫婦の関係性を崩す可能性もありますので、慎重に調べていく必要があると思います。実際に妻が夫の仕事への理解が薄いことで離婚を決断する例も結構ありますからね。特に本腰を入れているベンチャー企業の経営者・幹部クラスになると背負っている社員がいるので全力で駆け抜けなければいけないというプレッシャーもありますからね。しつこく「浮気してるでしょ?」とか怒鳴り散らすのは完全にNGです。また、浮気してることを疑う仕草を見せることについても避けるべきです。この場合ですと基本的に自分でどうのこうのするのではなく、探偵会社や興信所になどに任せてしまうのも1つの手です。依頼内容については浮気調査・素行調査などが当てはまりますので、業界のプロフェッショナルに本当に仕事で朝帰りなのか?真実を暴いてもらいましょう!

 

飲み会で朝帰りが多いのは危険信号

 

後輩を連れて飲みに行っている、同僚と親交を深めるために飲みにケーションを取っているなどの場合はどさくさに紛れて女性で密会する言い訳を作る作戦であるケースもあります。

 

実際に会社の人と食事を共にすることは社会人なら当たり前のようにあるので決して怪しくはありません。しかし、それを逆手にとって飲み会の3回に1回は不倫相手の女性と不貞行為を行っているかもしれません。特に頻繁に継続的に深夜に帰宅するなどの場合はちょっと怪しいですね。

 

連絡なし!許す?許せない?

 

帰りが遅くなるなら連絡くらいしてよ!というのは定番のキャッチフレーズになりつつありますね。女性にとってはコレはかなりのストレスになっているし、特にまだまだラブラブの新婚生活だと心配になる妻・嫁も多いみたいですね。これが10年、20年と結婚経験を重ねると不倫や女性関係の心配ではなく、食事の準備など他の理由でイライラするようになるみたいですけどね。皆さんは夫の朝帰り許せない?それとも旦那を許す?

 

いずれにしてもちょっとでも怪しいのであれば浮気調査を探偵や興信所に相談してみるのも解決策の1つです。早めの行動が心の解放に繋がりますからね。