婚約者の浮気が許せない方へ

MENU

あなたは婚約者の浮気は許せない?許せる?

幸せな家庭をこれから一緒に作ろう・・・そのように誓いあった2人に悲劇が。

 

1ヶ月後、2ヶ月後、3ヶ月後に結婚を控えているのに婚約者に浮気された!そのようなケースについて今回は取り上げていきたいと思いますので、どうぞ最後までよろしくお願いします。

 

体験談・口コミなどを見ると婚姻届けを提出する当日に浮気が発覚して、夫婦になることを止めたという例もありますので、できれば事前に対策をしておきたいところではありますね。ちょっと凄いのは結婚式前に浮気相手の女性・男性と駆け落ちしてしまうという迷惑なケースもありますので、割を気を付けなければいけないポイントではありますね。婚約者の浮気・裏切り行為が許せない方は必見です!

 

婚約者に浮気された時に精神的なダメージは大きい

 

許すor許せない以前の問題で被害にあった方の負担はあまりに大きいのが特徴的ではあります。ダメージの種類は2種類あると言われていて、その1つが愛している相手からの裏切り行為であると言えるでしょう。信頼している相手が秘密にしているパンドラの箱を結婚直前に空けてしまうのはあまりに酷な話ですが、実際によくある話ではありますね。

 

2つ目はプライドが傷つけられるという点になります。もちろん、周囲の反応・同情の声が全く気にならないという方についてはこの手のダメージは関係ないのかもしれないのですが、90%以上の方は周りにどう思われているのか?を気にされると思います。思っているだけではなく、実際に同情の気持ちを声に出して、伝えられることも多いのではないでしょうか?親・家族・友人・会社の上司&部下など多くの方に結婚報告をされていればそれだけ、気にすることになります。

 

これまでにイケイケの人生を歩んできた方やプライドの高い方であれば間違えなく、その辺りについてもショックを受けるのではないでしょうか?続いてはその後の対策についてまとめていますので、チェックしてくださいませ。

 

事前対策と事後対策がある

 

事前対策・・・結婚する前に婚約者の身辺調査をする。

 

事後対策・・・浮気されたけど、裁判で使える証拠が無い場合の浮気調査。

 

事前対策については当サイトでも度々紹介している結婚前調査になります。これから婚約する彼氏・彼女のことは信頼しているけど、念には念を入れるために依頼される方は結構多いですね。身上調査を徹底的に検証する課程で異性との交流などを発覚させることもできますし、浮気の証拠を捉えることもできます。結婚はある程度のリスクのあるイベントになりますので、それを少しでも軽減させたいのであれば失敗する前に婚約者調査をすることを推奨します。

 

事後対策は既に婚約者との関係に亀裂が入ってしまったパターンになります。たぶん浮気されているけど、

 

  1. 相手が認めない
  2. 慰謝料請求したい

 

などのケースに浮気調査はメリットがあると思われます。ちなみに裁判で使える不貞行為証拠を確保したいのであれば探偵事務所及び興信所をおすすめします。彼等はその道のプロフェッショナルですので、婚約者の浮気が許せない方の味方にきっとなってくれるはずです。