浮気証拠メール&LINE(ライン)

MENU

浮気証拠はメール・LINE(ライン)でOKですか?

最初にズバリ申し上げると携帯・スマートフォンによるメール&LINE(ライン)等のやり取りについては浮気証拠としては弱い場合が多いのが特徴的ですね。

 

一般的に不倫・不貞行為の発覚は携帯やスマホをコッソリと除いたところから見つかるケースが多いのですが、浮気証拠メールやLINEではなく具体的な証明となる事実をPRすることができるのか?が大切になると言えるのです。ハッキリ言えばメールでも手紙などにおいても言い訳されやすい傾向が多いのです。言い逃れできない決定的な浮気証拠はメール、line以外で他の方法を探すのも1つの手であると言えるのではないでしょうか?さらに言えばデートしている様子が、見られる文章を発見したとしても仕事の付き合いで打ち合わせしていただけ、普通に友達として遊んだだけ・・・などいくらでも言い訳することができます。例えばラブホテルで待ち合わせの場合においても、実際には中には入らずに待ち合わせの目印として分かりやすいから!など反論はいくらでもできてしまうのです。

 

証言を覆す人は結構多いみたいです。

 

不倫証拠メールとして相手に突きつけるとあっさり白状する男性・女性もいるのではないでしょうか?よし、認めてくれた!と安心するのはまだ早いです。しかし、実際に裁判になった時に慰謝料を支払いたくないと知恵を振り絞り、嘘をつくケースもあります。「不貞行為は認めていません。」と言わせないくらいの決定的な浮気証拠はメールでは不十分になる可能性が高いのです。その場で証言させて謝らせても、事実を折り曲げようとするひねくれ者も当然のようにいるのです。特に離婚やお金の問題が絡むと性格が変わる人は多いと言われていますからね。十分に注意が必要になると言えるのではないでしょうか?

 

ただ、メールが浮気証拠になるケースもありますし、ならない場合もあるということです。ケースバイケース。

 

また、探偵事務所へ浮気調査を依頼するのも1つの手ではないかな?と思います。メール以外の不倫証拠はない!という場合においてもラブホの出入り口のツーショット写真など言い逃れできない決定的な証拠を集めることに関して、彼等はプロフェッショナルです。実際に離婚、慰謝料請求を目的に探偵や興信所に不倫調査をお願いする場合は結構あるみたいですね。やはり具体的な撮影をしてもらえるのは大きいですからね。但し、ある程度の費用は覚悟するべきですね。お金がない!とガチガチに節約したいのであればおすすめはできないので、他の方法を探す方がいいと思います。しかし、ある程度の余裕があるのであれば探偵に依頼して浮気調査報告書を作成してもらい、勝負に挑む方が効率的ですし、面倒な言い訳をされるケースも少なくなるはずです。

 

メールは浮気証拠になるのか?については具体的な文章のやり取りによって変わってきます。LINE(ライン)の場合についても同様と言えるでしょう。